お酒に強くなる方法なら酒豪.net > 空腹時にお酒を飲むとまわりやすい

空腹時にお酒を飲むとまわりやすいとされる理由

アルコールは摂取したあとは体のどこへ吸収され、分解されるか知っていますか?通常、水分を摂取すれば胃→十二指腸→小腸→大腸へと送られます。摂取後に、吸収されるのは腸に入ってからなので、胃で吸収されることは無く一時的にためられるだけです。一方、アルコールは胃で約30%、腸で約70%程度が吸収されるとされ、胃の中に食べ物があると、飲んだアルコールが腸に流れていくスピードが遅くなるというわけです。なので、胃の中に食べ物がなければ、アルコールは急速に胃から腸へ流れていきます。


その結果、肝臓がアルコールを処理する速度が追いつかず、そのまま直接胃や腸に吸収され、アルコールの血中濃度が急に高くなることで通常よりも酔いが早く回ることになります。これが、一般的に空腹時にお酒を飲むと酔いやすいといわれる理由です。


特にウィスキーやブランデー、焼酎などのアルコール度数の高い酒はより顕著に酔いの周りが強く表れ、これらの強いアルコールやソーダー系などの刺激の強いものは胃を傷つける可能性もあります。胃のためにもアルコールの前には少しでも食べ物を入れておいて、胃の粘膜を保護したり、肝臓でアルコールを処理できるようにしましょう。


お酒を飲む前に、まず肉の脂身等のような油質を食べる、牛乳を飲む、乳製品を摂るなどを行うことでアルコール対策になります。乳製品にはアルコールの分解酵素を助けるタンパク質やビタミンが豊富に含まれ、肝臓の動きをスムーズにするという効果があります。乳製品を摂ると胃に粘膜ができるので酔いにくいと言われていますが、アルコール吸収を阻止するほどの効果はありません。

■お酒に弱い人のための、酒豪サプリメント「酒豪王」

お酒をたくさん飲むドイツやイタリアでは、マリアアザミの種子を古くからメディカルハーブとして利用してきました。 「酒豪王」は、どうしても毎日たくさんお酒を飲んでしまう方の健康維持のために、 マリアアザミ種子抽出エキス(シリマリン80%含有)と秋ウコンをバランス良く配合し、 酒豪にとってとっても都合のよい健康食品に仕上げました。毎日お酒を飲む方はもちろん、 パーティーや宴会をより楽しく、そして飲んだ翌朝すっきり過ごすために是非お試し下さい。

【飲酒用サプリメント酒豪王】

仕事のつきあいや楽しい宴会・コンパでのお酌やイッキ等で酔いつぶれていませんか?肝機能をUPさせるというメディカルハーブ・シリマリンとアルコール分解酵素の働きをサポートするウコンの精油成分グルクミンのWパワーであなたも酒豪に!?お酒好きのアナタの健康もサポート!酒豪王で翌朝スッキリ☆二日酔いの心配もナシ!

お酒に強くなる方法なら酒豪.net