お酒に強くなる方法なら酒豪.net > 日本人はお酒に弱い?そのメカニズムとは?

日本人はお酒に弱い?そのメカニズムとは?


日本人は約半分がお酒に弱いとも言われおり、そう聞くと飲み会などですぐ顔が赤くなったりあまりお酒を飲みたがらない方を見かけるのも頷けるような気もします。 日本人が酒に弱い理由は酵素の働きに関係しています。 お酒を摂取すると体内ではアセトアルデヒドとい物質が出来ます。このアセトアルデヒドはお酒を分解したときの産物で有害物質とされています。


酵素はこれらの物質を分解する作用があるのですが、このアセトアルデヒドが血液中で低濃度の時に働く酵素と、高濃度の時に働く酵素の2種類があります。日本人は、この後者のアセトアルデヒドが高濃度の時に働く酵素の活性が弱いため、アセトアルデヒドをなかなか分解できないのですぐ酔ってしまったり、悪酔いしてしまったりするのです。 この酵素の量は、生まれつき遺伝によって決まっているので、お酒の弱さ、強さは両親からの遺伝によります。


なので、たくさん飲んで鍛えれば必ずお酒が強くなるというものではないのです。 日本人が酒に弱い理由のこの酵素の活性型を決める遺伝子は、人種によって出現率が違います。


NN型とND型と呼ばれる遺伝子の人


NN型と呼ばれる遺伝子の人は、アセトアルデヒドを分解する酵素が高濃度の時も安定して活性しているので、「お酒が強い」と言われるような人です。 ND型と呼ばれる遺伝子の人は、NN型の人の1/16ぐらいしかこの酵素が活性しないので、「まあまあ飲める」もしくは「お酒が弱い」と言われるような人です。

DD型と呼ばれる遺伝子の人は、まったく酵素が活性していないので、「全くお酒が飲めない」と言われるような人です。 黒人や白人などの外人は、この遺伝子型がNNの人の発生率が100%なので、みんなある程度お酒に強いのですが、日本人の人種モンゴロイドはこの発生率が56%と比べるとかなり低くなります。


また、モンゴロイドはND型の発生率が40%、DD型の発生率が4%なので、日本人の約半数がお酒に弱いということになります。 最終的には、日本人が酒に弱い理由はモンゴロイドという人種に関係していることなのです。

■お酒に弱い人のための、酒豪サプリメント「酒豪王」

お酒をたくさん飲むドイツやイタリアでは、マリアアザミの種子を古くからメディカルハーブとして利用してきました。 「酒豪王」は、どうしても毎日たくさんお酒を飲んでしまう方の健康維持のために、 マリアアザミ種子抽出エキス(シリマリン80%含有)と秋ウコンをバランス良く配合し、 酒豪にとってとっても都合のよい健康食品に仕上げました。毎日お酒を飲む方はもちろん、 パーティーや宴会をより楽しく、そして飲んだ翌朝すっきり過ごすために是非お試し下さい。

【飲酒用サプリメント酒豪王】

仕事のつきあいや楽しい宴会・コンパでのお酌やイッキ等で酔いつぶれていませんか?肝機能をUPさせるというメディカルハーブ・シリマリンとアルコール分解酵素の働きをサポートするウコンの精油成分グルクミンのWパワーであなたも酒豪に!?お酒好きのアナタの健康もサポート!酒豪王で翌朝スッキリ☆二日酔いの心配もナシ!

お酒に強くなる方法なら酒豪.net