お酒に強くなる方法なら酒豪.net > アルコールが体内から抜ける時間の目安

アルコールが体内から抜ける時間の目安

お酒に含まれるアルコール。このアルコールが血液に溶け込んで肝臓に運ばれ、そこで酵素によって アルコールを「アセトアルデヒド」という物質に変化させます。このアセトアルデヒドは悪酔いや二日酔いの原因となる有害物質。 頭がガンガンしたり、顔が赤くなったり、吐き気がするのはこのせい。 やがて、このアセトアルデヒドも肝細胞の中にある酵素によって、無害なものへと分解され、最後に体の外へ出て行きます。

つまり、こうしてアルコールが完全に体外に排出されて初めて、 「体からアルコールが抜けた」と言える状態になるわけですが、それまでにかかかる時間、どれくらいかご存知ですか? 飲酒運転も厳しくなった今、お酒を飲むなら知っておきたい基礎知識ですね。



肝臓の処理能力には個人差があるので、一概には言えませんが、だいたい大人の男性で1時間に8gくらいのアルコールが消失します。 アルコールの含有量は、ビール大瓶1本で約22g。つまり、ビール大瓶1本飲むと、約3時間はアルコールは消失しないのです。

ちなみに、ビール大瓶1本を他のお酒に目安として置き換えると、

 ワインなら   4分の1(200ml)
 ウイスキーなら ダブル1杯(60ml)
 日本酒なら   1合(180ml)
 焼酎なら    0.6合(110ml)

日本酒を3合飲んだとしたら、9時間かかることになります。その間、肝臓は働きっぱなし…ということになるので、当然、肝臓への負担も非常に大きくなります。お酒を飲むときは、できる限り夜12時までにすること。それ以降に飲むと、確実に翌朝までアルコールが体内に残ることになります。12時を過ぎたらお酒を控え、内臓への心配りをしてあげて下さいね。


■お酒に弱い人のための、酒豪サプリメント「酒豪王」

お酒をたくさん飲むドイツやイタリアでは、マリアアザミの種子を古くからメディカルハーブとして利用してきました。 「酒豪王」は、どうしても毎日たくさんお酒を飲んでしまう方の健康維持のために、 マリアアザミ種子抽出エキス(シリマリン80%含有)と秋ウコンをバランス良く配合し、 酒豪にとってとっても都合のよい健康食品に仕上げました。毎日お酒を飲む方はもちろん、 パーティーや宴会をより楽しく、そして飲んだ翌朝すっきり過ごすために是非お試し下さい。

【飲酒用サプリメント酒豪王】

仕事のつきあいや楽しい宴会・コンパでのお酌やイッキ等で酔いつぶれていませんか?肝機能をUPさせるというメディカルハーブ・シリマリンとアルコール分解酵素の働きをサポートするウコンの精油成分グルクミンのWパワーであなたも酒豪に!?お酒好きのアナタの健康もサポート!酒豪王で翌朝スッキリ☆二日酔いの心配もナシ!

お酒に強くなる方法なら酒豪.net