お酒に強くなる方法なら酒豪.net > 酒に強い人弱い人

酒に強い人弱い人の違い

日本人の37~38%は低活性型、6~7%は非活性型であるといわれ、日本人が欧米人に比べてお酒に弱いという傾向にあります。アルコールは肝臓の働きでアセトアルデヒドに変わり、アセトアルデヒドはALDH2という酵素の働きで無害な酢酸に変わります。このALDH2には3つの型があり、酵素の活性が強い人と弱い人、そして活性がまったくない人がいます。これによって、お酒に強い人はアセトアルデヒドの代謝速度が速い活性型を持ち、代謝速度の遅い低活性型や酵素活性がまったくない非活性型を持つ人はお酒に弱いタイプということになります。


自分がどの型を持っているかは親から受け継ぐ遺伝子の組み合わせによって決定され、後天的に変わることはありません。また、非活性型はモンゴロイド(黄色人種)にのみみられる特徴で、コーカソイド(白人)やネグロイド(黒人)には低・非活性型はいないといわれています。


そのほか、体内の水分量や体重の差による個人差もあります。以下のように、男女差、年齢差、体格の差などによって、お酒に強い体質の人でもかなりの差が生じることがわかっています。


  • 男女差女性は一般的に、男性よりもお酒に弱いと考えられます。体内の水分量が男性よりも少ないことや、体格や肝臓が男性より小さいことによると考えられます。
  • 年齢差高齢者は若者に比べて体内の水分量が少ないため、お酒に弱いと考えられます。
  • 体格の差体格の良い人の方が一般的に肝臓も大きいため、代謝速度が速く、お酒に強いと考えられます。また、アルコールは脂肪に溶けにくいので、体脂肪率の高い人は低い人より体に占める水分の割合が低くなり、血中アルコール濃度が高くなると考えられます。

■お酒に弱い人のための、酒豪サプリメント「酒豪王」

お酒をたくさん飲むドイツやイタリアでは、マリアアザミの種子を古くからメディカルハーブとして利用してきました。 「酒豪王」は、どうしても毎日たくさんお酒を飲んでしまう方の健康維持のために、 マリアアザミ種子抽出エキス(シリマリン80%含有)と秋ウコンをバランス良く配合し、 酒豪にとってとっても都合のよい健康食品に仕上げました。毎日お酒を飲む方はもちろん、 パーティーや宴会をより楽しく、そして飲んだ翌朝すっきり過ごすために是非お試し下さい。

【飲酒用サプリメント酒豪王】

仕事のつきあいや楽しい宴会・コンパでのお酌やイッキ等で酔いつぶれていませんか?肝機能をUPさせるというメディカルハーブ・シリマリンとアルコール分解酵素の働きをサポートするウコンの精油成分グルクミンのWパワーであなたも酒豪に!?お酒好きのアナタの健康もサポート!酒豪王で翌朝スッキリ☆二日酔いの心配もナシ!

お酒に強くなる方法なら酒豪.net